2015年

8月

07日

「サルビアと手仕事」展

福生のギャラリー・オルタンシアの今回の展示では、サルビアの仕事をご紹介しています。

(「サルビアと手仕事」展)

サルビアは、暮らしの中にこんなものがあったらいいなという思いをかたちにしていく活動体です。

優しい雰囲気のオリジナル図案を使って伝統工芸や地場産業のこだわり職人さんたちと現場で話しながら、ものづくりをしています。

民藝運動やアーツ・アンド・クラフツを思い浮かべますが、もっと日常的でささやかな、生活を楽しくしていくものを目指しているようにも思えます。

でも、そこでは、手仕事が大きな意味を持っている

というところが、タムラ堂の出版とも通じるところがありそうです。

なにしろ、「夜の木」の日本語デザインなどでお世話になった

セキユリヲさんがそもそも立ち上げたブランドなのですから。