『太陽と月』

10人のアーティストによるインドの 民族の物語

青木恵都 訳

 

定価(本体3,000円+税)

「この世は 昼と夜で できている。太陽があり 月がある。」

 

10人のインドの先住民族の代表的なアーティストが

それぞれの民族に伝わる物語をもとに

太陽と月を描いた画期的な絵本。見開きごとに太陽と月が、

独特の民俗画のスタイルで丁寧にのびやかに描かれている。

私たちの日々の暮らしの中で当たり前のように存在している「太陽」と「月」。

昔から人々は、そこに神の存在や象徴的な意味を見出してきた。

そのような世界観、宇宙観が、今、美しいハンドメイド絵本として

私たちの目の前に差し出された。

 

「太陽は生命をもたらし、月は時をきざむ」

 

インドのターラー・ブックスより出版された Sun and Moon (2016) の日本語版。

 

『夜の木』、『世界のはじまり』と同様に、南インドのちいさな工房で、

古布を材料とした手製の紙に、シルクスクリーン印刷で刷られ、

手製本で一冊ずつ丁寧に仕上げられたハンドメイド絵本。(シリアルナンバー入り)